メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

東京ミネラルショー

id:kokoroshaに「姉ちゃんステキな石見に行かんか?」と打診され、はしたなくも「こ…これってまさか給料三か月分のアレ?」と心躍らせてしまったメレ子です。嘘です。そんなわけで、池袋サンシャインにて18日まで開催中の東京ミネラルショー2006に行ってきました。
会期入場料800円を払って入場すると、そこは一面の石世界…コハクやサンゴの加工品狙いの奥様から鉱物収集家の皆さん、さらにお小遣いを握りしめた「あだ名は『ハカセ』です」と言いたげなメガネ系男子小学生など、ムンムンの石バザール。鉱物だけでなく化石、宝石のルース、骨董品などがてんこ盛り。あまりお買い物をする気はなかったのに「何かつかんで帰らないと絶対損な気がする!」と熱に浮かされ、目を血走らせながらものすごい勢いで物色してしまいました。以下は戦利品です。
東京ミネラルショー
フローライト(蛍石)1500円。正八面体のこんな結晶が土に眠ってるなんて…図鑑で見る蛍石って薄紫が多いですが、青や薄紫のものは希少なのかお値段も張ってました。写真より緑が薄くて透き通っています。6センチくらいあって大きいし見栄えもいいので文鎮にしたいです。
東京ミネラルショー
サンゴのかけら1500円。枝っぷりとグラデーションが素敵。真紅のやつは同じくらいの大きさで15000円でした…。
東京ミネラルショー
個人的に本日の主役。青いマリモ状の結晶がDAN-ZENキュート!石や土から生えている結晶のほうがおしゃれな感じで、土塊から赤くのぞいている辰砂とかも気になった(でも高かった)のですが、これはもう見た瞬間から釘付けです。「青い結晶の数」で価格表示されていたのもなんかポイントが高いです。これは5000円でした。「石に5000円て」と思わなくなるくらいの熱気だったということです。これ、名前を忘れてしまったのが残念です。「カ○○○イト」とかだと思うんですけど…。
「ミネラルマーケット」ブースに出店中のid:goito-mineralさんと挨拶を交わすココロ社がえらいはにかんでて笑ってしまいました。なんだか石に目覚めてしまいそう…と思った方は、ぜひ足を伸ばしてみられることをおすすめします。