読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

歯科医男児模様

歯医者でこにくたらしい男児が理由なき反抗を繰り返していたのだけど、歯科衛生士のお姉さんに
「ごちゃごちゃうるさいとピンクの歯ブラシにするで!」
と一喝された瞬間「…青にして…」とトーンダウンしてて面白かった。きっと幼稚園とかで歯みがきタイムにピンクの歯ブラシだと、男児なりのメンツが立たないのだと思う。
そのあと来た別の男児はおとなしく順番を待っていたが、これまたお姉さんが現れて「この前のアレ、まーくんが作ってくれたの?まーくんありがとうな〜(なにかの工作を男児がお姉さんにプレゼントしたらしい)」と謝意を表明しはじめると、まーくんの羞恥が頂点に達したらしくダンゴ虫状になってソファのシートの間にもぐりこもうとしていたのがとてもかわいかった。
ここから男児たちの羞恥ポイントはどんどん多様化していき、中学生あたりになると立派な自意識の怪物が誕生するのである。それを思うとすこし憂鬱になるのだった。