読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

ベタとわたし2

フィルター付きの水槽に引っ越してからベタの体調がよくなったんですが、最近は毎日「泡巣」というものを作っている。パソコンに向かいながら水槽に目をやると、水面から空気をぱくっと取っては隅に泡を浮かべるという作業を繰り返しているわけです。この泡のかたまりは実は交尾して稚魚が生まれたときに、ベビーたちが散らばっていかないように留めておくためのもので、衣食足りて性欲を知るというか、つまりは「オ嫁サンガ欲シー」というサイン…!
正直つきあいきれません。ベタにとっても交尾は命がけで間違いなく寿命が縮んでしまいますし、うまくいけば100匹とか生まれてしまった子供を抱えて途方にくれることに…無理無理!快楽天くらいなら買ってきてやってもいいけどお嫁さんは無理!結婚とはAVに出たら企画女優にすらなれない女に一生を捧げるということですヨ!考え直して!

「オヨメサンホシー」
こっち見んなwww

お嫁さんといえば、わたしの地元で流れていたJA共済のイメージCMはJA職員が五百羅漢に向かって「お嫁さんがほしーいいい」と叫ぶというものだったのですが、若きJA職員が嫁を欲しがっているというイメージを発信するタイミングも発信の仕方も間違っている気がします。「離島でお見合いツアー」とか「農村体験にひそむ罠」というような話を聞くたびにこのCMを思い出しちゃう…。