メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

鼻煙壷(びえんこ)

昨日のクソ日記に載せた写真に反応をいただいたので、意気揚々とご説明させていただきますね!
天神市
こちらは残念ながらわたしの持ち物ではなくて、北野天満宮の天神市(毎月25日開催)で見た鼻煙壷(びえんこ)です。名前はmixiで教えてもらったんですが、中国の嗅ぎ煙草を入れる壷だそうで、蓋を持ち上げると内側に耳かきみたいな匙がついています。
天神市
同じくmixi情報によれば阿片を入れて楽しむこともあったそうですが、この壷を見ているだけで充分トリップ(貧乏で買えない場合はバッドトリップ)できるのに気が知れないですね。立体的な金魚の愛らしさに心臓鷲掴み!鼻煙壷には内側から曲がった筆で絵を描いた高価なものなどいくつかのタイプがあるみたいですが、これは被せ(きせ)ガラスといって、ガラス瓶の上に赤いガラスを流してから模様を彫っています。
閉店間際まで立ちつくしていたら三万五千円が二万円にまでなりましたが、「いちまんえん以上、タクサン…」と微笑むことしかできませんでした。でもネットで十万以上の鼻煙壷を見てもグッとこなかったので、少なくとも自分には二万以上の価値がある壷かなと思います。なので、はてなスターは星ひとつ100はてなポイントに換算される機能をはやく実装してくださいね!星のターラーちゃんだって最後に星は金貨になって降り注ぐじゃないですか!星でお腹がいっぱいになるんですか!
天神市
結局同じ店で買った翡翠のペンダントトップ。お店の人は銭蛙だって言っていましたが、唐獅子がトウキビをくわえているところじゃないでしょうか。紐を通す穴が小さくてペンダントトップにはならないかもしれません。最終的に帯留になりそう。
将来の夢は鼻煙壷コレクターになって『ボンゴレ鼻煙壷』というサイトを運営することです!