読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

恐怖のスーパー破瓜ー

夜中にテレビでやっていた『呪怨』を観てしまった。これが『儒恩』だったらどんなにいい話になることか…などと考えることで恐怖を紛らわせたり、携帯でネットしたり、怖そうな場面になると携帯でテレビ画面を半分がた隠したりなどの高度な戦術をまじえて一時間ほど視聴することができたし、その後トイレに行くこともできたので自分の人としての成長を実感した。視聴中は蛍光灯を豆球にしていたことも豪胆さの証明力を高めるために申し添えておきたい。
幽霊を信じているかというとアレでとりわけ葬式で「アレー?あそこに故人が浮かんでいるヨー?」と口走るようなオーラデブには本来の意味で彼岸を見てほしい気持ちでいっぱいだけど、人の悪意は恐ろしい。一人だけ医学部に受かった女の子の家に「お嬢さんが交通事故でお亡くなりになりました」と嘘電話がかかってきたというような話*1は本当に恐ろしい…。しかし嘘電話でその子のお母さんは死ぬほどショックを受けただろうけれど、すぐに嘘なのはわかるわけだし受かった子がしあわせで電話をかけた人がふしあわせなのはおおかた動かしようもない話。でも『呪怨』だと悪意はもう独立独歩でなにしろ写真に写りこむくらいはお手のもの、布団の中にまで出現するは奇声はあげるは、ナイフみたいにとがってはさわるものみな取り殺す。ギャー!
「ネットでおそろしい悪意といえばアレだね」
「情報流出ですか」
「恥ずかしい写真を実名とセットで流出された事件は本当にひどかった」
「本来なら家に突撃とかしてる人の方が生きてることを恥ずかしむべきなのにね」
「まあそれは本人の感じ方だから」
「おれの恥ずかしい写真が流出してもぜんぜん平気。フリーターだし近所づきあいもないし」
「そもそも君は恥ずかしい写真を撮る機会がないんじゃないか」
「うるさいわ」
「君をネットで心胆寒からしめるためにはどうしたらよいか考えた。それがスーパー破瓜ーです」
「スーパーハカー?」
「スーパー破瓜ー」
「なんぞそれ」
「まず君の個人情報を調べ上げます」
「スーパーハッカーじゃん」
「そして君が日頃憎からず思っている女性が角のローソンで土曜の夜勤に入っている、おつりを両手で包むようにして渡してくれるのがチャームポイントであるところの田辺さんであることをつきとめる」
「ええええええ。なにその技術力。っていうかマジでなんで知ってるのそれええ」
「すかさず田辺さんを巧みな話術と溢れる魅力で酔わせベッドハンティング」
「いやああああああ」
「で、最終的に田辺さんの恥ずかしい写真が流出」
「いやっ。そんなの見たら死んじゃうううう。しかも絶対凝視してから死んじゃううううう」
「スーパー墓ーだな」
「いつかは言おうと思ってたけどお前のうまいこと言った顔ってすごいいやらしいわあああ死ねえええええ」
深夜の惨劇。

*1:身近で本当にあった話