読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

携帯写真の名誉回復&メレ子の名誉失墜

さて皆さん、友達に送るわけでもなく、撮ったはいいものの、使い道もないなぁ、あるいは、撮ったことすら忘れていた……というような、皆さんの携帯電話の中に必ず数枚数十枚は入っているであろう、一見なんの意味もないような、しかし100年200年の長期的なあれで考えるならば、きっと後世にとっては貴重な歴史的資料となるであろう(←と、大風呂敷を広げてみました)、「このままだと捨てられてしまうだけだよ」写真を、ワタクシ不肖平民金子に(せめて写真を消してしまう前に)見せていただきたい!

平民新聞 - 携帯写真の名誉回復に向けて

この声明に心うたれたわたくしメレ子も携帯写真出すよー!ねこそぎ出すよー!なんなら旅先で彼氏と浴衣を着て上目遣いで撮ってハート加工とかして「だぃすき」って文字入れしてるようなラブラブな写真も出しちゃうよー!って思ってデータフォルダを見てみたんですが、
リア充
店番猫
くつした猫
コフィー
コフィー
家
山下
これで全部でした。無頼の日々、今は悔ゆるのみ…。携帯写真の名誉回復に一助できれば幸いですが、メレ子の嫁入り前の女としての名誉は失墜したのではないかという懸念があります。
六枚目の寒々しい写真ですけど、これはわたしが京都に引っ越すまでに住んでいた池袋の部屋を退去寸前に撮ったものなんですよね。池袋って言っても駅から徒歩圏ギリギリなので家賃はそんなに高くなかったですけど。あと古くて、シャワーがいきなり熱くなったり冷たくなったり、入居当時は一日平均一匹ゴキブリ出たりいろいろアレでしたが、広くて日当たりがよかったので気に入ってました。
引越し前に平民さんとほか数名でこの部屋で鍋をやったんですが、そのときに平民さんに「引っ越すんなら住んでた部屋の写真は撮っておいたほうがいいよ、いろいろ後から見て思うところあるものヨ…」というアドバイスを受けまして。それで暮らしてる状態から引越しの荷物まとめ中までデジカメでぼちぼち撮ってたんですが、荷物を引き上げたあとかなりグロッキーになって、退去の確認をしに大家がくるのを待つ間に携帯で一枚だけ撮った写真がこれです。その写真がまた平民さんの呼びかけで陽の目を見ることになるとは個人的に感慨深い!そんなわけで他の人の携帯写真も面白かったし、平民さんありがとうございマース!