読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

インコが百羽いる夢の銭湯に行ってきた

外出 写真 動物

【2008.2.24追記】記事に対する言及をいくつか見て書いておいた方がよさそうなので追記します。写真と記事で分かるかと思ったのですが、鳥のいるスペースは浴室や露天風呂とガラスで区切られていて、人やお湯と鳥・羽毛・排泄物その他が接触する機会はありません。衛生的に問題があれば組合や保健所から指導が入るはずですし、衛生面については安心していただいてよいのではないかと思います。お客さんの自衛とかインコの良識にゆだねられてるようなそんな無法地帯じゃないです!
インコ銭湯・松葉湯 (39)
わたしは今お風呂つきの部屋に住んでいるので銭湯を利用する機会は少ないのですが、銭湯に行くとテンションがあがりますよね。お湯にしっかりつかるのは気持ちいいし、いろんな女体を横目で観賞したり風呂上りに牛乳を飲んだり…。わたしの友達のご両親は、大学は違うもののいつも利用していた風呂屋の前で話すようになり結婚に至ったとか。ロマンチック!
そんなわけで銭湯はもともとロマンに溢れていますが、京都にはなんとインコがたくさんいる夢みたいな銭湯があると聞きつけ、さっそく行ってきました。
インコ銭湯・松葉湯 (3)
こちらが噂のインコ銭湯・松葉湯さん。最初は入浴ついでに、もし誰もいなかったらお願いして一枚でも撮らせてもらえたらいいなーと思っていたのですが、ご主人が「開店前に時間を決めて来てくれたら、開店準備をしてる間に写真を撮ってもらっていいよ」とのこと!なので今回の写真は開店前にお店に入れていただいて撮ったものです。ブログをはじめてしばらくたつけど、こんな取材っぽいのはじめて!
インコ銭湯・松葉湯 (5)
こちらが受付。手前がちょっと雑然としてるのは開店前でいろいろ掃除中だからです。ほんとにお忙しいところ申し訳ない…。
インコ銭湯・松葉湯 (6)
開店当時の料金表があります。その頃からインコがいたわけではないですが、歴史のあるお風呂なんですね。
インコ銭湯・松葉湯 (10)
しかし内装は新しく、清潔感に溢れています。こっちが男湯(キャー!)の脱衣所。
インコ銭湯・松葉湯 (11)
ドキドキしながら禁断の男湯に乗りこみました。なんかすごくポップで楽しい雰囲気!噴水やツタが南国気分を高めてくれます。そして奥のほうに怪しい一画が…!
インコ銭湯・松葉湯 (13)
ドーン
インコ銭湯・松葉湯 (14)
ドーン
ほんとに浴室の中にインコいるゥー!
インコ銭湯・松葉湯 (19)
露天に出る通路から見たインコ部屋…というかインコ団地。インコは男湯側にも女湯側にも出入りできるようです。
インコ銭湯・松葉湯 (20)
実はインコだけでなく床にはリクガメの「亀太郎」がいます。が、二月なので「冬眠中です」とのこと。こうしているとパイナップルにしか見えませんね…。動いてるところも見たい。
インコ銭湯・松葉湯 (22)
亀太郎、インコがジュッパジュッパ言ってる中でよくひと冬も眠れるものです。うるさくないんだろうか。それとも「若いのがピーチクパーチク言うとると、ワシもええ夢みられるんや…ワシは見たことないけど、ワシのじいちゃんやひいじいちゃんのいた南国っちゅうのもこんな感じなんかもなー」って感じなのだろうか。
インコ銭湯・松葉湯 (23)
ガラス越しでなお若干避けられてる気がしないでもないですが、インコ同士はチュッチュしあったりお喋りしたりとたいへん仲がよいみたい。なごむワー
インコ銭湯・松葉湯 (34)
こちらは女湯。男女平等にインコを眺めながらお湯につかれることがおわかりいただけるかと思います。ちなみに鳥臭さとかもまったくないので、鳥が苦手な人でも入浴に支障はまったくないですよ!
実際に常連さんたちはインコにほぼ関心を示さない。むしろ朝シャンして風呂につかりにきたメレ子に「アンタ、最近のお風呂は何でもおいてるから支度してこんかったんやろ?この石ケンを使い!これがシャンプーでな、これがリンスな。ホラ」と髪の毛を洗うことを強要…これがお湯ニケーションか!横のおばあちゃんに「この人なんも支度してきとらん」って告げ口するのヤメテー!ちなみにシャンプーはビダルサッスーンでした。*1
インコ銭湯・松葉湯 (33)
天井の明かり取り窓とライトも開放的でいい感じ。
インコ銭湯・松葉湯 (40)
横の白インコに横歩きで迫る黄インコ。
インコ銭湯・松葉湯 (44)
このインコ達がなぜここに収まることになったかというと、屋根つきの中庭にご主人が飼っていたインコ3羽を遊ばせたら気に入っていついてしまったんだそうです。その後お客さんが別のインコを持ってきたり繁殖したりして、今では約百羽いるのだとか。なりゆきとはいえ動物大好きじゃないとなかなかできないことですよね。すごいなあ…
インコ銭湯・松葉湯 (60)
もちろん外の露天風呂からもインコを眺めることができます。テレビもあるし、露天はゆっくりできるくらいのぬるめの温度設定なのもいい。露天風呂でインコのジュッパジュッパとワイドショーの音声とお湯の流れる音に耳を傾けたら、つらいことなんて忘れてしまいそうですよ!まあ、出たあと久しぶりに体重計に乗ってみたらつらいことが増えたりしてなかなかうまくいかないのですが…。
インコ銭湯・松葉湯 (15)
サウナ・薬風呂・寝風呂・水風呂・電気風呂などもあり、インコ抜きにしてもかなり盛り沢山。ここは薪で沸かしてるので、お湯がやわらかいのも特色だそうです。けっしてインコだけの色物銭湯じゃない!
松葉湯さんには開店前のお忙しい時間を割いて写真撮影にこころよくご協力していただき、本当に感謝です。ありがとうございました。あの夢みたいな空間がいつまでも存在してほしいと思います!

松葉湯
■料金:大人390円・中人150円・小人60円
■住所:京都市上京区下立売通御前東入西東町356(バス停は「丸太町御前通」が最寄)
■電話番号:075-841-4696
■営業時間:午後三時〜午前零時(祝日は八時〜十二時まで朝風呂あり)日曜定休
■駐車場:三台

インコ銭湯・松葉湯 -a photoset on flickr-

*1:受付に申し出ると無料でフェイスタオルを一枚貸し出してくれます。シャンプー・リンス・セッケンその他は必要に応じて購入してください