読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

リスザルに気をつけるべき三つの理由

動物 主張

ヤッホー!唐突だけどみんなリスザル愛好してるー?
izu3
▲リスザル


正直わたしはもうリスザルを温かい目で見られない…今日はその話をさせてください。
先日お友達のアルバムを見せてもらっていたところ、動物園でリスザルを肩に乗せている写真が出てきました。

理由1.エサが凶悪

メレ子「ワー、リスザルとふれあいいいなー!うらやましいわー」
友達子「いや…あの人たち見た目と違いすぎるから…」
リスザルを肩に乗せるなんて、インディージョーンズの映画みたいで幸せの極致のはずなのに彼女は浮かない顔をしています。
メレ子「?そういえばこの写真もチョット引きつってるけどなんかあったの?」
友達子「まずおかしいのが、エサがコレ↓」


izu5
ミルワーム


メレ子「ノ…ノォー…これを手ずから与えるなんて、虫耐性があると自負するメレ山でもちょっと引くわ…」
友達子「ふつうは果物とか固形飼料とかだよね」
かわいい動物のかわいさの2割はどんなかわいいものを食べているかで決まると言われています(メレ子調べ)。とっとこハム太郎の歌詞が「だいすきなのは ひまわりのタネ」でなくて「だいすきなのは 鶏肉の皮のツブツブしたところ」だったら今の隆盛はなかったでしょうし、マリーアントワネットが「パンがなければさくら水産に行けばよいのに」と言ったらいろいろ台無しですよね。
動物園の人もフルーツとかスイーツをまず検討されたのでしょうが、たぶんそれではリスザルの食いつきがふるわないのでしょう。リスザルが「人間とか気に食わないけどとにかくいくらでも食べたい」と思うのはミルワームだけということです。


izu
♪だーいすきなのはー ほーそながい虫ー♪

理由2.食事マナーが凶悪

メレ子「でも結局、エサが凶悪と知っても買ってあげたんだから耐えられたわけでしょ?同伴でスシに誘っておいて卵焼き以外を頼むとキレるオッサンみたいな態度はよくないんじゃない?」
友達子「…お前はまだ知らない…リスザルの凶悪さの半分も…」
メレ子「?!」
友達子「♪肩に乗ったリスザルがー、細長い虫をー、真ん中から引きちぎる音を聞いたことが、あるかー!!」
メレ子「!SHOP99の歌っぽい感じで絶対に増やしたくない人生の経験値を問われた!」


izu6
なぜ殺たし


ふれあいパークはリスザルが「ブチッ…ズズー」と細長い虫を引きちぎっては片方ずつすする音、友達子をはじめとする元リスザル好きが虫の体液を飛ばされてあげる悲鳴、お父さんらがシャッターを切る音(お父さんという生き物はカメラを構えたが最後、子供の多彩な表情をとらえることを最優先する。うちにも幼女のメレ山がトンボに咬まれて泣いている写真がある)などに満たされ、地獄絵図と化していたそうです。

理由3.普通に凶悪

上の話を漫画で描こうかと思ってリスザルをイメージ検索したら、1ページ目から流血しまくり画像を見てしまいました…。これはリンクできない…。みんな、検索したらイカンぞ!




流血はともかく地獄絵図は(日記的に)オイシイと思ってその動物園に出かけてみたところ、ガッチリ収監されてました。
P1020197
▲「細長い虫くれェー」