読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

渓谷・温泉・変な神社を楽しめる「るり渓」ハイキング

写真 外出

動植物へのライトな興味が昂じてハイキングに夢中のメレ子です(でも「山といえば人のふれ合いやで!」的な感じの人はチョット苦手なの…)!今回は京阪神の避暑地として有名らしい「るり渓」という渓谷と、その奥の北摂最高峰・深山を歩いてきました。
P7054615
るり渓高原へは園部駅からバスを乗り継いでいきます。るり渓にアクセスするバスは土日のみ運行で、行きと帰りの一本ずつだけなのでちゃんと調べて行きましょう。公共機関のアクセスが悪いわりにはひらけたところで、車があれば楽に行けるんですけどね…。今回は「るり渓」バス停から歩きはじめます。
P7054648
「農業とか自然に囲まれた暮らしとかに興味がある人移住しようぜ村」みたいなのがある(よく見てないので違ったらゴメンな…)。とりあえず車がないとここに移住する選択肢はなさそうです。
P7054655
猫「どうしても行くのか…」
猫長老は思案げな顔をしていますが、るり渓は通天湖ダムを終点とする4キロの渓流遊歩道です。
P7054660
こんな感じの渓流の横をのぼっていきます。
P7054662
変な岩や滝にそれぞれ名前がついていて「るり渓十二勝」といいます。これはスパッと斬られたみたいなので快刀巌(かいとうがん)という岩だそうです。
P7054737
この平たいところはは玉走盤(ぎょくそうばん)
P7054739
「大変美しい」…こういう場所の案内板にありがちな感想の強要を許すなッ!などというと気難しい人と思われるので若干注意が必要です!
P7054785
水量は少なめだけどとても涼しい。

日帰り山あるき関西 (大人の遠足BOOK)

ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 621543
るり渓に行く決め手になったこのガイドブック「日帰り山あるき関西」によれば、この渓谷はオオサンショウウオの生息地であるとのこと。ヒャッホー!と思いきや

夜行性なので昼間は見ることができないが、岩影に潜んでいると思うだけで心がわくわくする。

それはお前の感想だろうが!このガイドを書いた人…好き!*1
P7054729

「るり渓十二勝」を紹介しようかと思いましたが、六勝くらいはこじつけっぽい・あとから写真を見てもどれがどれやら分からない・その他大人の理由で断念しました。
P7054808
もちろん生き物を探すことも忘れていません。落ち葉の下に隠れているアカガエルを見つけました。
P7054817
葉っぱをとりのけると、あまりの恐ろしさに発狂したのか「やんぬるかなー!」と言いながら目の前に飛び出してきた。
P7054823
そしていかにもな風格の毒キノコも発見!テングタケです。「悪名高いベニテングダケじゃなくて惜しいぜ」という感想を抱いたものの…、ネット情報によればベニテングダケよりも毒性は強いということで意味もなく得した気分。腹痛、おう吐、下痢などの胃腸炎症状と痙攣、精神の一時錯乱などの神経症状があるということなので、よい子は口にしないでね!
P7054833
一時間弱かけて遊歩道を登ってくると、大きな水のカーテンが出てきました。通天湖(つうてんこ)ダムです。ダムにはうといのですがなかなか美しいですね。
P7054831
ところがどっこい、下の水たまりには「君がこれまで見たジャンボタニシの数なんて俺が三日でぬいてやるぜ」的数量のジャンボタニシが!ほんとにこの下流にオオサンショウウオなんているのだろうか…遊歩道の最後でイヤなものを見てしまいました。
P7054840 P7054845
気を取り直してダムの右手に登り、車道を歩きはじめます。ダム湖には釣り堀などもあるようです。
P7054949 P7054955
道の脇に木イチゴが生えていました。宝石みたいにきれいなだけじゃなくて甘酸っぱくておいしいんだぜ…小さいころは血眼になってカゴいっぱいに収穫していたなー。そして目をつけた空き地がつぶされるたびに憤怒してグリーンピースに入ることを誓う幼女だったのも良い思い出です。
P7054856
「そのイチゴくれェー」
鹿が仲間になりたそうではないがこっちを見ている。
P7054862 P7054867
P7054869 P7054870
この辺はかなりリゾート化していて、温泉・合宿施設・牧場(跡地)・ゴルフ場なんかが建ちならんでいます。20分くらい歩くと深山ハイキングコース入り口がある。あと山火事予防ポスターのセンスがキてる。
P7054891
最初は傾斜のきつい赤土の道で、「ワシ…根性とかとは無縁仏でやっていきたいと思っているのになんでお休みの日にこんな坂とか登ってるの?」と思います。しかし30分くらいがんばって登ると視界がひらけて「そうそう、この北摂の山並みを一望できる尾根道の眺めを求めて来たんだったわ…」と思い出すはず!がんばって!
P7054938
横を通ってきたゴルフ場のコースもよく見えます。
2642447786_1377518da1_o
青春っぽい感じやワー…キリンレモン片手に告白しに駆け出したいワー…(相手はオオサンショウウオ先輩とか)
P7054893
ここまでくるとアップダウンもゆるやかですが、日差しが強くて暑いので帽子と給水の準備はしっかりと。夏はササ、秋はススキが一面に生えて楽しい山歩きです。
2641611031_b4239f9e59_o
あの怪しい建物はもう少しやでー!
2641612089_ed61e348e5_o
途中でまた細い車道に出たりしつつ、ハイキングコースから一時間ほどで頂上につきました。
P7054907
怪しい建物は雨量観測所だったんですねー
P7054908
観測所の奥にはこれまた怪しい鳥居があります。
P7054914

2642442424_5dbf40ed3a_o
??
2642443138_67502898d9_o
…???
ここは巨岩をご神体とする深山宮という神社です。神社といえば森に囲まれているイメージですが、視界が広すぎて変な感じ!ビジュアルが不思議すぎる!
P7054921
山の上からの眺め
山頂でお昼ごはんを食べていると、車でやってきた人がラジコン飛行機を飛ばしたりしていました。たしかにそういう遊びをするには最高の場所かと思われます。ササ藪にはマムシがいるらしいのであまり立ち入らないほうがよい。
P7054943 P7054945
帰り道で見つけたヤバいキノコ*2と鳥の羽。
P7054959
「奥るり渓」バス停に戻っても一時間半ほど時間が残っていたので、るり渓温泉に入って汗を流すことにしました。
P7054964 P7054967
「フフ…どうせ貸切状態なんだろう?ひなびた温泉レポとかしてやるぜ…」と思って入ってみたら、プールに岩盤浴、フィッシュテラピーまであってお風呂上がりには生ジュースとか飲めるオシャレスパリゾートだった!お客さんもたくさんいるし…お前ら渓谷にも深山にも全然いなかったのにどこからわいてきたんだ!(ヒント:車)
P7054966
ドクターフィッシュ「来てくれたら足の角質めっちゃ食うでー」
魚さんもこう言ってることだし、車でピャーと行って渓谷散策・スパリゾートするもよし、深山に分け入っていい汗流してみるもよし…メレ山はあまり苦労するの好きじゃないですが、深山のササ原の楽しさは異常なのでぜひ後者のコースをオススメしたいと思います!


るり渓・深山 -a set on flickr-

*1:tetzlさん情報によれば「オオサンショウウオは目が悪いので迂闊に手を出すと食いちぎられる」…!鈍重なイメージしかなかったけど、けっこうデンジャラスなんですね…ますます好き

*2:doubletさんがフサヒメホウキタケではないかと教えてくれた。かわいい名前です