読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

大水槽を眺めながら眠る「えのすいクラゲナイト」

外出 動物 写真

P3299588
水族館にお泊まり…それは水族館好きの見果てぬ夢にして狭き門…
と思っていたところ、マイフレンドの安全ちゃん(id:anzenchan)から「新江ノ島水族館の女性限定お泊まりイベントに応募しません?」と誘っていただきました。ここに自慢かたがたその記録をしていきますので、歯ぎしりしながら読んでくださいね!

昼の水族館

2009年3月末に行われた今回のお泊まりイベントは「クラゲヒーリングナイト」なるもの。応募多数の場合は抽選になるということだったのですが、安全ちゃんが「ハガキをちょっとでも目立たせるためにゆるすぎるクラゲのイラストをかいたりして頑張りましたよ…フフ…」と奮闘してくれて、無事当選できました。
P3289367
事務所で手続きした後、まずは昼の水族館を楽しむことに。ミュージカル仕立てのかなり斬新なイルカショーが行われていました。水の妖精的な人たちが音楽にあわせて踊ったりイルカと共演したり、アミアミしたスカートを取り外したりしていた。
P3289416
ここは相模湾の生き物がミッシリつまった「相模湾大水槽」。ダイバーがカメラで魚をアップにして生態などを説明してくれるショーをやっています。
P3289417 P3289419
こちらはシイラ。水槽横のモニターにしゃくれっぷりが映し出されます。
P3289424
P3299692
メレ子「フフフ…みなさん無邪気によろこんでいますが、我々は今夜ここでオネンネするわけですよね…」
安全「正直ちょっと優越感とか感じちゃいますよね…フフ…」
水族館に泊まるという異常事態にテンションがあがりまくり、こんな発言ばかりしていました…。
P3299679
アナゴの寝床。異常にさみしがりやのようです。
P3299687
ツアー中に水族館の方に教えてもらったのですが、タカアシガニは大きい上に日本近海にしかいないので、海外の水族館からかなり引き合いのある人気ガニだそうです。
しかしストレスを感じると脚を自切しちゃうリストカッターでもあり、生態に詳しくない人が輸送すると箱の中で胴体だけになっちゃっていることがあるそう…。そんな水族館残酷物語を防ぐために、上海ガニみたいに緊縛して脚の先に発泡スチロールのガードをつけるといいます。ナリはでかいけど繊細なんですね。
P3299722
おのれの愛らしさを知っているとしか思えない仕草を見せるペンギン。
P3299724
見つめあう二人。
P3299606
色とりどりのサンゴ水槽。
P3299612
大きいクマノミに隠れ場所のイソギンチャクを追い出され、水槽内を右往左往する小クマノミたち。ここは水族館なので焦らなくてもいいのですが、それをどうやったらこのひとたちに伝えられるのか…(動物園で立っているプレーリードッグにも伝えたい)
P3289427 P3289431
えのすいは深海魚の展示も充実しています。なかでも人気があるのがこの海ダンゴ虫ことオオグソクムシです。
P3299695 P3299694
推進力は意外とあるらしく、水中をブバババと泳いでました。ダイオウグソクムシはなんと体長が50センチほどもあります。フォースを使ったりはしないのだろうか?
同じ等脚目の仲間にはワラジムシ、フナムシダンゴムシ、そして当ブログでも紹介したことがある恐怖の寄生虫・タイノエなどがいます(基本的に気持ち悪いものに理解があるはずのうちの読者の方々にも「グロ貼んな」と罵られました)。最高に愉快な仲間たちですね!

閉館後の水族館へ

P3289440
そして閉館と同時に参加者は再集合。バックヤードを抜けて水族館に戻ります。いよいよお泊まりプログラムのはじまりです!
参加者は全部で60名くらい。2〜4名のお友達同士で参加している人が多いようです。


まずは座学から。きょうの目玉であるクラゲについて、クイズをまじえながら講義がありました。「『Q.クラゲにオス・メスの区別はありますか?』」「うーん…ないほうがカッコイイですよね…*1」などと真剣にクイズに取り組む我々。
P3289447 P3289448
クイズの後でもらったクラゲグッズ。外にはもう夕闇が迫っています。
P3289450
えのすいのクラゲルームに移動して実際にクラゲを見ながら説明を受ける。天井には巨大なミズクラゲを模した照明があり、クラゲの胎内にいるような気分です。
P3289460
P3289483
かわいさ満点のブルージェリーフィッシュ
P3289433
P3289466
過剰にレーシーなサカサクラゲ。水槽の壁面に頭を貼りつけてバックベアード状になっています。
P3289438
これも足のフリフリが美しいパシフィックシーネットル。リボンがちぎれているのが気になるところですが…。
P3289474
盛大にもつれからまるアカクラゲ
P3289471
これはクラゲの幼生のポリプ。クラゲの寿命は数時間から数年とさまざまですが、ポリプのままだと半永久的にもつそうです。海からの輸送や、水族館どうしの贈りあいではポリプの形で運ぶのがラクチンなのですが、輸送中のショックや温度上昇によって「ああッ、もうクラゲになりかけてるッ」というハプニングもあります。
P3289493
ほかにも首かざりのようなヨウラククラゲなど、不思議なクラゲをたくさん見ることができました。ヒーリングどころか興奮しすぎて気が狂いそう…。「クラゲエキサイティングナイト」に改名してはどうでしょうか。

P3289495 P3289498
P3289505
夕食は大水槽の前でのビュッフェ形式。ハワイアンな格好のお姉さんが給仕してくれました。
P3289503
ごはんを食べながらのダイビングショー。水槽内からの「アップで見たい魚のリクエストありますか?」という問いかけに参加者が「しゃ…しゃくれてるやつを!(昼間見たシイラをもう一度見たかったみたい)」と答え、「魚ってしゃくれてないほうが珍しいんですが…」とダイバーを困惑させてしまう一幕もありました。しゃくれという観点から魚を見るという新鮮体験。

夜の水族館

夕食後はクラゲのバックヤードを見せてもらいました!
P3289509 P3289530
P3289511 P3289514
クラゲのエサのブラインシュリンプやクラゲがたくさん養育されています。
P3289519
ミズクラゲなんかはクラゲであると同時に他のクラゲのエサでもあるそうで、飼育形態も一山いくらな感じがします。小さいときに海で見つけたミズクラゲの死骸のシースルー感に魅せられ、持って帰りたくて水着につめこんだのですが、家族にはスタイル抜群のギャルに憧れての犯行と誤解されました。しかしミズクラゲは毒がないのではなく刺胞が刺さりにくいだけなので、そういうことをしては危険です。


そしてさらに照明を落とした夜の水族館へ…。
P3289564
P3289581
P3289548
大水槽の前にブルーシートを引き、参加者1名につき毛布2枚が支給されます*2
P3289583
ジリジリしながらタイミングをうかがった結果、大水槽のいちばん前をゲットしました!
P3289546
P3289565
「ククク…計画的に動いた甲斐がありましたネ」「笑いがとまりませんヨ…ククク」と囁きあいながら他のエリアを見に行ったら、クラゲホールにも宿泊可能場所があってあごをはずす二人。
P3299584
あおむけになるとこんな幻想的な景色が…でっかい魚影が次々と頭上をよぎっていきます。
興奮してなかなか寝つかれませんでした。

朝の水族館でイルカと握手

P3299623
早めに起床して、朝はイルカとの握手会がありました。
P3299632
「メレ山さん…イルカって三歳児くらいの知能らしいですよ」「なるほど三歳児だけあって、あんな浮き輪に夢中になっちゃっておろかなものですね…」(前夜からつづく感動体験に脳がついていけず、無理にイルカをおとしめて脳のクールダウンをはかるところまで来ています)
P3299637
イルカに触る前に手を消毒して、握手するときの手の動かし方について習います。イルカはいたずら好きなので、不用意に手を出すとそのままカプッとくわえて水に引きずりこむこともあるらしい。
DPP_0270
ヤッター!ちなみに正面からの写真も記念に撮ってもらえるので、一人で参加しても安心です。
P3299645
「言われたとおりにしたデ!早く小魚をよこすんだ!」
P3299653
飼育員さんの手にあわせて踊るイルカ。
P3299745
こんな感じで狂乱のクラゲナイトは幕を閉じたのでした。今回は女性限定のナイトツアーでしたが、家族連れ向けのものなども開催しているようなので応募されてみてはいかがでしょうか。男性も水族館好きクラゲ好きは多い気がするけど、男性限定ツアーはやらないのかなー。

おまけ〜埜庵のかき氷

DPP_0437*3
水族館ツアーの後、安全ちゃんにかき氷の有名なお店に連れて行っていただきました。片瀬江ノ島から小田急線ですぐの鵠沼海岸にあります。
kohori-noan 埜庵
P3299775
巨大だ!
DPP_0469
巨大さとおいしさに圧倒されボトボトとこぼしまくる女
P3299781
なんか冬に秩父の天然水とかで大事に作った氷らしいです。掘り進めるとルビーのような苺が出てきた!
DPP_0477
ダバー
あまりにもおいしさバクハツだったので、ふだんかわいらしさゼロの日記であるにも関わらずご紹介してしまいました!これからかき氷の似合う季節になってきますし、えのすいにお越しの際にはぜひ!

えのすいクラゲナイト -a set on flickr-

*1:クラゲは有性生殖します

*2:「寝心地が気になる」という意見が多かったので補足しますと、安眠が目的でないとはいえけっこうキツいです。気になる人は寝袋や追加のシートをジャマにならない範囲で持っていくといいかも。空調は暑からず寒からずで快適でした

*3:安全ちゃんが魚眼レンズでかっこよく撮ってくれた写真。魚眼ねたましい…