メレンゲが腐るほど恋したい

旅行記や生きものの話を写真多めの長大な記事で送ります

ブログ本『メレンゲが腐るほど旅したい』出版について

こんにちは!ブログを放置しすぎてすっかり書き方を忘れてしまった腐れブロッガーのメレ山です!今日は旅日記や寄生虫話でなくウザい宣伝やこぼれ話などをする予定です。

本が8月7日に出ます

はてなブックマークニュース*1等でお聞きおよびの方もいると思いますが、このたび「メレ腐」が一冊の本になりました。

Amazonでも楽天ブックスセブンアンドワイでも予約受付中です!
ちなみに、青森県鯵ヶ沢町で開催されているわさお写真展にあやかって、海の駅「わんど」と日本海拠点館にて、それぞれ20冊〜30冊ですが先行販売させていただいてます。
Amazonさんの著者紹介に「20代女子」と書いてあり、先日若者と話をしてて「メレ子さんはファミコン世代ですからね*2」と言われてしまったわたしとしてはいいのかなーという気持ちですが、とにかくこういうものを出せたのは読者の皆様のおかげです!ありがとうございます!!!

本の内容について

目次

  • 奈良公園のエキサイティング年中行事「鹿の角きり」
  • 神戸花鳥園でフクロウの妖しい笑顔にメロメロ!
  • 五能線で神秘の湖「十二湖」をたずねる
  • イカの町で出会ったモジャモジャ犬「わさお
  • スネークセンターでニシキヘビに巻かれる
  • インコが百羽いる夢の銭湯に行ってきた
  • 箕面昆虫館でなりふりかまわなさを学ぶ←大幅に加筆
  • (コラム1)虫のはなし←New
  • 鳥羽水族館と離島の宿で伊勢エビを味わいつくす
  • 熊野古道平安時代コスチュームプレイ!
  • 青春18きっぷで行くうさぎと毒ガスの島「大久野島
  • おまけ・ツバメ一家の夏
  • カヌーで森の滝つぼをめざす
  • 昆虫館で美チョウにたかられる&ゴキブリおさわり
  • (コラム2)マニアックフェス←New
  • 阿蘇のふところで切磋琢磨するクマたち←New
  • わさお、冬の日本海を走る←大幅に加筆
  • 富士額の犬と、白銀の森を駆けぬける←New
  • (コラム3)わさおムーブメント年表←New
  • あとがき
  • おでかけリスト

加筆と書いているところ以外にも色々と加工や編集が入っておりますので、どこが違うのか見くらべるなどしていただければと思います。Amazonのなか見検索にもサンプル多めに載せていただいてますので、購入のご参考にどうぞ。あ、もちろんフルカラーです!


本ならでは!ちょっといやな動物シールつき
P7263834


帯に「ブサかわ犬」と書いてあるので、「メレ山はわさおをブサイク呼ばわりしたことはない」というエクスキューズができなくなりました。
付録は「ちょっといやな動物シール」です(いちおうお楽しみということで、なか見検索ではモザイクになってます)。
P7273840 P7273839
何の気なしに部屋にあるクワズイモにジンガサハムシのシールを貼ってみたところ、一晩で2メートルくらい伸びたのでビックリしました。この調子で部屋を熱帯雨林にしたいです。また、太古の昔から機種変してない分厚い携帯に地面に落ちたイカのシールを貼ったら、翌朝にはiPhoneになっていたのもうれしい驚きでした。
P7273837
それならば…とオンボロのパソコンにわさおとダンディのシールを貼って寝ると、翌朝にはOSがXPからVistaになっていましたが、それは余計なお世話というものでした。

各施設からの反応

メレ山の旅日記といえばそれはもういろんな施設にお世話になっちゃってるので、今回本にするために編集の方を通じてご連絡させていただいたところ、すべて快諾をいただきました。きっとトンチキな旅行記に困惑されたはず…寛容な施設関係者さま、ありがとうございます!
北海道の犬ぞり(「富士額の犬と、白銀の森を駆けぬける」)でお世話になったどんころ野外学校さんには、同じ日に犬ぞりをしたお客さんが写真に写っているということで連絡をとっていただき、そのお客さんにも献本させてもらえることになりました。他のお客さんも「一人で犬ぞりになみなみならぬ決意を見せていたあのチンチクリンはブロッガーだったのか…」と思われていることでしょう。
P7273844
インコ銭湯の松葉湯さんからはタオルをいただきました。ご主人とリクガメの亀太郎とインコの絵が描いてある…大事にします!
(ゴキブリのプッシュ度が高いことで知られる)大阪の箕面昆虫館の館長さんである久留飛さんからは、「またゴキブリを触りに来てくださいね」というお言葉を頂戴しました。
先日「この部屋はけっこう高さあるから虫が出なくていいわね〜」と窓を開けて寝くたれていたところ、首筋でカサカサいう気配に飛び起きたらそこには巨大なゴキブリが…。とっさにつかんだ資料に『妥当解』って書いてあったので泣きながら「これがお前の妥当解だ」とめった打ちにしてやりました。あんまり大きいので調べてみたところ、ワモンゴキブリといってもともとは南西諸島に住んでいたものが温暖化や暖房の発達により都市部に進出しているそうです。久留飛さんはこの件についてどう思われているのかも、再訪の折にはうかがってみたいです。

わさお写真集・鯵ヶ沢では写真展も

わさお写真集もひと足先に発売されております。

飼い主の菊谷さんの写真集か!というくらい、お母さんと嬉しそうなわさおの写真がいっぱいで、鯵ヶ沢の町の美しさも堪能できるいい本になっています。鯵ヶ沢グルメや観光案内、四季おりおりのわさおのページも必見です。
いろいろお知らせ - わさお通信:今日のしっぽ
にあるように、日本海拠点館で8月31日まで写真展も開催されています(すでにフリッカーにアップしているものですが、メレ山の写真も若干パネル展示していただいているみたいです)。


わたしの本もわさおのおかげで出せたようなものです。旅先でわさおを見て以降の流れや、わさおを介した人との出会いについて整理するいい機会になりました。とはいえ、「どんな犬もいいよねー、人と犬の絆いいよねー」という話をしたかったはずが新たなアイドル犬を作り出してしまっただけのような、割り切れない思いも正直あります。

犬も猫も、動物みんな、可愛い可愛い、ほしいほしいだけでなくさ、自分の子どもだと思って育ててほしいのさ

わさおの写真集にある菊谷さんの言葉です。「わさおかわいいなあ」だけじゃなくて「ひょっとして…犬ってみんなかわいいんじゃね?」と思ってほしい、ということはしつこく言っていきたいです。

さいごに

書籍化の準備というよりは私生活のほうで忙しくしておりまして、ネタはあれどもなかなか更新できない…という感じです。久しぶりの更新も宣伝になってしまって、わたしも旅行記をモリモリ書きたいのですが、これからも気長にお付き合いいただければと思っております。
今までもこれからも、メレ腐をどうぞよろしくお願いいたします!

*1:id:kiyoheroさんありがとうございます!献本させてください!

*2:自分では「親にスーファミを買ってもらえなかったスーファミ世代」という認識でした…